バリ島ウブドで目指せ!スロービューティーの達人! 死ぬまで 「美活」続けます宣言♪


by ubudbeauty
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:バリの風景( 11 )

お供え物のある風景

皆さん、こんにちは。

ここ何日かは日中に雨こそ降りはしませんが、すっきり晴れずに文字通り「照ったり曇ったり」を繰り返しておるウブド地方でございます。

昨日、お昼前頃にいつもの如くウブド・セントラルを徘徊したんですが、やはりハイシーズンですね、観光客の数がいつもと比べて多かったですね。

少なくなった、少なくなったと言われる日本人観光客も、家族連れで訪れておられる方々が散策されている姿が見られます。

ロンドンまで家族四人で出かけるのはちょっとキツいけれども、バリぐらいまでなら何とか行けるから・・・・って感じでしょうか。

八年もバリに住んでおりますと、観光で来られた方から見ればとても珍しい物でも見落としてしまいがちな物が多々あります。

その代表格が、「お供え物」です。

c0244427_1153194.jpg


このように、道端に供えられる「お供え物」も、もはやあまりに「日常化」していて、シャッターを切る事もとっくに忘れておりました。

バリ・ヒンドゥー教の習慣(・・だと思います)で、日々、色々な場所に、ええ、それはありとあらゆる所に供えられますお供え物なので、準備をするバリ人女性は毎日お供え物作りに追われる訳ですね。

アタシのような「部外者」から見れば、それはもう、「明けても暮れても」って感じです。

しかし、こんな道端に供えられるお供え物ですので、供えた次の瞬間に犬やニワトリに荒らされたりするんですけれども、それには一向に構わないのが普通みたいです。

なので、少し時間が経ったお供え物↑は結構「汚く」なってしまいます。

我が母、マサコ・デラックスは、この様な状態の物を見て、最初の頃、これを、
「ゴミ出しの日」
と、思ってしまっていたそうです・・・・!!
「今日はゴミ出しの日だから、こうやって表にゴミを出してんのね~。」・・・・だって!

飾ってあんのよ、供えてあんの~~、お母さん!

c0244427_11552854.jpg
c0244427_1234234.jpg


比較的、動物等に荒らされる事が少ない場所でのお供え物は、このように「綺麗」なままで、一日飾られますが、夕方のお掃除の際にはあっけなく「撤去」されてしまいます。

お供え物もその日その日によって、色々と違いがあるそうなんですが、部外者うぶびゅう(って言うか、無関心)にはほとんど意味は分からず眺めております。

これ程までに熱心にお供えなどするバリ人ですけども、だからと言って決して信心深いって訳ではないんですね、これが。

単なる「習慣」らしいです。

何年住んでいても、ここは
「不思議の国」でございます・・・・
[PR]
by ubudbeauty | 2012-08-05 12:42 | バリの風景

家寺を造っています

皆さん、こんにちは。

昨日は薄曇のお天気で、今にも雨降り出しそうでしたが、一日何とか持ちました。
今日はさっきにわか雨が降ったウブド地方でございますが、今現在は晴れております。

昨日は朝からネット接続が悪くて、ウチじゃなく、ちゃ~んとWi-Fi接続がしっかりとしたところでも、ログイン出来ずでブログアップは断念した次第です。

今日はウチで何とかやってます。

さてさて、うぶびゅう家が住まいし「ヴィラ・バリ・プトラ」、今現在、入り口付近ではスパ・ルームを建設しております。

一見単なる客室か?って、たたずまいなんですけど。
一応スパにするらしいです。

きっと建てたはいいけど、客思ったより来ねえな・・・・って時には、客室にシフト・チェンジするんぢゃね?って、ニラんでおります、うぶびゅう。

そして、そのスパ・ルームと平行して建設しておるのが、「家寺」であります。

c0244427_125378.jpg


こちらがそれなんですけども、日本人の想像するお寺のイメージとはちと違いがありますね。
お寺っていうより、むしろ「祠」って方がイメージ的には近いです。

バリの民家にはどの家にもこの様な家寺が必ずあります。
こちらのような小・中規模の物から、お友達のnami2ちゃんのご主人の実家の家寺のように、家一軒建てられるんぢゃ?!(しかも豪邸が)みたいな大規模なのまで色々あって、バリ人の家寺に対する力の入れ込みようが垣間見られます。

ここバリ・プトラにはもう一箇所、プールの横っちょにもお寺があって、毎日スンバヤン(お祈り)の係り(そう、専門の係りがいる!)のイブ(オーナーの親戚女性)がやって来て、せっせとお供えをされていかれます。

信仰心のかけらもないうぶびゅうには、感心を通り越して、毎日ご苦労なこったい・・・・なんて、思ったりしていますが、バリ人、これをやんないと、何か気持ちが悪いらしく、毎日の「歯磨き習慣」の如く、スンバヤンに励んでおられます。

きっと建設中の家寺の完成時には大規模なウパチャラ(お奉り行事)が行われる事でしょう。
その時はどうぞ雨など降りませんように・・・・

昨日お邪魔していた「カフェ・トピ」さんのニューメニュー、「パイナップル・ジンジャー・ソーダ」

c0244427_1274472.jpg

c0244427_12134163.jpg


この、パイナップル・ジンジャー・ジャム?みたいなのを溶かして頂きます。

・・・・ちょっと「粗挽き」?っぽくて、ストローにめっちゃ詰まります・・・・

お味はとってもよろしいんでございますので、Sさん、改善の余地ありです。
そこんところよろしくです!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-08-03 12:49 | バリの風景

火葬式に出くわしました

皆さんこんにちは。
今日も朝から良きお天気のウブド地方でございます。

昨日はうぶびゅう家恒例の買出し日でありました。

朝はいつも決まって8:30出発。
昨日はデンパサール方面での用事がないので、レギュラーコースの、
ロッテ・マート→パパイヤ→カルフールのみです。

ロッテ・マートは以前はマクロと言うスーパーでしたが、韓国のロッテ・マートに買収されて、そのまま営業されている、バリ島屈指の大型スーパーです。

最近はお肉もお魚もこちらでゲット。
昨日はサワラの他に、ローカル産のサーモンがあって、お値段もサワラよりもお値打ちでした。

お肉も、物凄い塊での販売ですけど、お値打ち価格だし、豚肉も結構柔らかくて歯の弱いうぶびゅう家の面々でもトンカツでも難なく食せるので気に入ってますね。

お米も、いつもロッテ・マートでの購入。
プレンちゃん印(蜂のキャラクター)の紫色の袋のを買います。

パサールでお米を買うと、ゴミ・石の混入が激しくて、取り除くのがめっちゃ難儀しますので、ちょっとお高いですけども、プレンちゃんのお米がいいです。

プレンちゃんのお米は三種類あって、黄色→赤色→紫色の順にグレードがアップします。
紫のが一番日本米に近い、いいお米ですね。

日系スーパーのパパイヤでは、大葉や油揚げ、こんにゃくなどなど、他では入手出来ない日本ならではの物を買います。

その他、併設の「小麦ベーカリー」で、日本では当たり前って感じの普通に美味しいパンを数種購入します。

カルフールに移動して、昼食と買い物を済ませて家路に着くんですけれども、その途中で、何やら渋滞に引っかかってしまいました。

c0244427_10113795.jpg

c0244427_10131236.jpg
c0244427_10155961.jpg


バリ・ヒンドゥー教の、「火葬式」の行列でした。

反対車線でしたので、間もなく渋滞も緩和して、良かったですが、こうして「御神輿」の如く、引き回された後に火葬されるんですよ、バリ人は。

とにもかくにも、宗教行事には文句が言えない、バリ島です。

c0244427_10174989.jpg


今日のブランチ。
ソト・アヤム。

こちらのソト・アヤムは上品なお味で、うぶびの大好物でございますが、ローカルのソト・アヤムがお好きな方にはかなり物足りないかも・・・・です。
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-25 10:48 | バリの風景
皆様、こんにちは。

今日は久し振りに朝から日差しのある良いお天気になりました、ウブド地方です。
相変わらず風は強めですが、さわさわとヤシの葉っぱやバナナの葉っぱが揺れる風情は南国ならではの景色です。

最近はBGとマサコ・デラックス、早めにお出掛けするんです。

何でかって言いますと、なるべく早くにパサール(ローカル市場)に行かないと、買いたいものがすでに売り切れちゃってる事が多いからなんだそうで。

今日も八時前には出発して行きました。

目当てのブツがあったのかどうかは聞いてませんが、あんまり早くに出掛けて行ったので、帰り道にCOCOスーパーに寄りました。

途中でうぶびゅうと合流するので、一緒にCOCOスーパーに行って、買う目的も無く店内を物色していましたら、鳥のけたたましい声が聞こえてきたので、何処に?と探したところ、声の主はなんと人間。

欧米人のじいさんが、アンタは江戸家猫八か?って感じで「声帯模写」をご披露中なのでした。

朝から爆笑させて頂き、血行が良くなり良かったです?!

c0244427_12235710.jpg


マンギス(マンゴスティン)の上にも「お供え物」
・・・・バリならではの風景ですね。

c0244427_12131010.jpg


そして、今日も買っちゃいました、海苔菓子。
その名も「TABERU」

作っているのはタイで、韓国スタイルの海苔菓子。
で、商品名は何故か日本風。

c0244427_12162092.jpg


昨日の晩御飯。
サワラのから揚げ。2~3日前から醤油だれに漬け込んでおいたので、味がしみしみで「でらウマ」でした♪

c0244427_12271435.jpg


食後のデザート。
蜜イモのきんとん。

焼き芋のままで食べても甘くて美味しい蜜イモに、少しだけハチミツを足してきんとん状にします。

お客さん用にはちゃんと「きんとん絞り」にしてお出ししますが、普段はそのままで。
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-05 12:50 | バリの風景
今日は久々に外を歩いてきました。

朝は相変わらずの曇り空のウブド地方ですが、お昼前にはよく晴れ渡り、そよそよとさわやかな風も吹いてて気持ちのいいお天気です。

そんなさわやかなお天気ではあっても、ウブド中心部をぐるりと一周歩いてくれば、汗もたっぷりかいちゃうのさ。

そんな時に食べたくなるのがアイスクリーム。

c0244427_133250.jpg


こちらのアイス、どなたかのブログで紹介されていたので、お試ししてみました。

グリーンティー味なんですけど、わたしのイメージするグリーンティー味は、ハーゲンダッツやアヤの「抹茶味」。
でも、こちらのグリーンティー・アイスは、そんなのとは別物です。

グリーンティー=「緑茶」味って感じです。

こっくり濃厚な抹茶味ではありませんが、さっぱり、さわやか緑茶味。
まあ、南国バリ島で頂くアイスなので、この位ライトなテイストでもいいのよね・・・って、事で。




さて、今日のウブド地方、朝からあちらこちらでウパチャラ(バリ・ヒンドゥー教の宗教行事)が行われていました。
お店の開店の為のウパチャラが多かったようなので、お日柄が良かったのでしょうね。
新陳代謝の激しいバリ島、お店の入れ替わりが早くて、住んでいてもうっかりしていると、新規開店や移転・リニューアルを見逃しがちになってしまいます。

そんな中で、確固たる地位、絶大な人気を開店以来、維持されている、カキアンさんは、ホント凄いのひと言ですね。

我が家も、困った時のカキアンさん、影武者さん・・・って感じでお世話になっております。

そんな訳で、今日のブランチも、カキアンさんのブレックファースト。

c0244427_1345275.jpg


涼しい店内で頂くので、うぶびゅうとしてはめずらしい、ホット・カプチーノでごさんすよ♪
[PR]
by ubudbeauty | 2012-05-30 13:25 | バリの風景

買い食いもするんです

昨日で一応の歯の治療が終わりました、うぶびゅうです。

一回の治療で終わるつもりが、意外に手こずり、やっと昨日で一段落。

歯は健康を大きく左右するのだから、今後は定期点検も怠りなく、大事にしていきたいと思います。


最近、ブログのアップはバリ・プトラの事務所でやる事が多いのですが、ここにいると色んな物売りがやって来るのが面白かったりします。

「ダガン」と呼ばれる、食べ物売りの女性。

c0244427_1371272.jpg


バリ・プトラのスタッフ女子チームがいつも買うので、うぶびゅうもつられてお買い物。

と、いっても、買うのはいつも「クロポン」なんですが。

草もちみたいな餅菓子で、中にはヤシ砂糖のシロップが入っていて、外はココナツ・フレークがまぶしてあります。

c0244427_13105237.jpg


緑色はパンダンという葉っぱで色付けしてあるので、食べても安全です。

6個でRp.1,000。

色んな伝統菓子があるバリ島ですが、うぶびゅうが安心して手が出せる、数少ないお菓子です。

せっかくバリに住んでるのに、半分も満喫出来てないよ~って、言われそうですが、これでいいんです、ちっちゃく暮らしてるんです、ほっといて~。
[PR]
by ubudbeauty | 2012-05-05 13:28 | バリの風景

じじいの散髪

先日、BG(当ブログ初登場、うぶびゅう・父)が散髪に行くというので、のぞいてきました。

場所はハノマン通りの「ナマステ」というヒーリング・グッズのお店の筋向いのガン(小道)を入って数メートルの、「ワヤン・サロン」という、超・ローカルな床屋さんです。

開店は九時からだそうですが、BGはいつも早めに行って一番にしてもらうとの事ですが、この日はもうすでに先客がありました。

c0244427_12302225.jpg


こちらのお坊ちゃん、三歳のバリ人。
この後、付き添いのパパも散髪してもらったので、結局BGはこの日は三番手に。

こちらのサロン、ローカルには絶大なる人気を誇っており、お客さんがひっきりなしにやって来ます。

細かいディテールにはこだわらないという男性の方にはぜひチャレンジして頂きたいサロンですね。(笑)

お値段、カットのみで、Rp.10,000です。



ゆうべ観ようと楽しみにしていたDVD「コード・ブルー」

c0244427_12325364.jpg


Vol.1とVol.2はさくさくと観れたのに、何故だかVol.3とVol.4は映らない~~!!

六話まで見せといて、それはないんじゃないの~!(号泣)
[PR]
by ubudbeauty | 2012-04-12 12:50 | バリの風景

有機農法? 

現在の我が住まいであるヴィラ・バリ・プトラ、住み始めた頃は五棟だったのが、田んぼを潰して二棟増築し、今現在は、全七棟構成となりました。

わずかに残った田んぼは一枚だけですが、それでもお米は作られ続けています。

c0244427_11491351.jpg


先日、刈り入れが終わり、ベベック隊(あひるさん達)の出動風景です。

日本の稲作と違って、年に三回も収穫があるからか、稲刈りの様子も日本のそれとは全然違って、物凄く大雑把です。
刈り取って干す事もなくいきなり稲穂を「バンバン!」とたたいて!コメを収穫。
従ってこぼれ落ちたコメもたくさんある訳で、それらをお掃除兼エサとしてあひる達が田んぼに放される・・・というしくみらしいです。

田植えの後とかにもベベック隊の出動が見られたりするので、これはきっと「有機農法」の一環なのかな?と、推察されます。

一年に三回収穫されるコメは「C4」と呼ばれる種類で、これは主にバリ人達の主食用として流通されます。

一年に二回しか収穫されないコメ「ブラス・バリ」と呼ばれる方のコメはお値段がちょっと高めですが、C4に比べると丸っこい形で、日本人向きのコメです。

どちらも炊いた後、冷めると「冷ご飯」になるのではなく、「コメ」に戻ってしまうのは同じなんですが。

放射能汚染の心配のないコメが食べられると思えば、口に合わないなどと、贅沢を言っては罰当たりモノだと心して、バリのめぐみをありがたく頂きたいと思う、今日この頃です。

c0244427_11523126.jpg


今日のカキアン・ブレックファースト。

今日のは焦げてなくて、美味しかったよ♪
盛り付けも合格だね。
[PR]
by ubudbeauty | 2012-04-06 12:27 | バリの風景
バリのスーパーには日本のスーパー同様、様々なお菓子が売られています。

し・か・し、買いたくなるようなお菓子がほんと~にないんです。
確かにたくさんの種類のお菓子が陳列されています。
でも、よくよく見ると、同じ種類の「味違い」ばかり。

c0244427_1213384.jpg


これは、ウェファース菓子の陳列棚。
赤ちゃんの比率、そんなに高いの?バリ島・・・って位、数ありますね。
こんなに必要?大人も好きなの?ウェファース。

c0244427_1216429.jpg


こちらは豆菓子の棚。
酒のツマミ用にしても、こんなに種類、いらないっす。
おまけに食べたらやたらと塩辛いしね~。

エアアジアのシンガポール路線に乗ると、唯一提供される物がこの豆菓子なんですが、(昨年辺りから、ミニサイズのお水も出なくなりました~!)塩辛いお陰で?ドリンク類を買わずにいられない~!
物販向上の為の作戦?と、疑ってしまいます。

c0244427_12185284.jpg


こちらは、昨年オープンのCOCOスーパーのケーキの陳列ケース。
ローカル風情たっぷりのクセに!お値段、一人前なのが気に入りません。
なので、未だに試した事なし。

c0244427_1222395.jpg


そんなCOCOスーパーに寄るとつい買ってしまう数少ないお菓子のひとつ、海苔スナック。
原産国・タイランド。
揚げてあるのでカロリーが気になりますが、さっくりとしていてうまいっすよ。
お値段がもうちょっとお安かったら言う事なしなんですが・・・(COCOスーパーで、Rp.17,000位です。)

日本のスーパーやコンビニで売っているつまらないお菓子でも、やっぱり日本人のうぶびゅうには「パラダイス」、暴れ買いして暴れ喰いしたい~~!!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-03-26 12:51 | バリの風景

今日は大晦日

今日はバリ島の大晦日、「オゴオゴ」が行われる日です。

夕方になると、オゴオゴと呼ばれる化け物・妖怪の様なハリボテをお神輿のように担いで村を練り歩く行事です。
うぶびゅうがバリに住み始めてから8回目のオゴオゴですが、実は過去1回もその様子を見に行った事がな~い!

そればかりか、オゴオゴの写真も撮った事がない事に今年初めて気がついた!
・・・それではいくら初心者ブロガーと言えども、マズイ。

なので、撮ってみました、オゴオゴ。

c0244427_12353583.jpg


c0244427_12501616.jpg


うぶびゅうんちのご近所、影武者さんの入り口付近で製作されていた二体。
夕方の6時から、プンゴセカン村での練り歩きに参加するとの事。

c0244427_1351033.jpg


c0244427_13144035.jpg


怖ければ怖いほどいいんだとか。
怖い?
怖いって言うより、なんだか「ちゃっちい」っすよ。
日本の中学の文化祭の方がもっと立派なの作りそうですよね。

夕方から夜遅くまで大晦日の大騒ぎで盛り上がり、明日の「ニュピ」、静寂の日を迎えるって寸法です。
ガルンガン・クニンガンと並ぶ、バリ島の「風物詩」です。
[PR]
by ubudbeauty | 2012-03-22 13:35 | バリの風景