バリ島ウブドで目指せ!スロービューティーの達人! 死ぬまで 「美活」続けます宣言♪


by ubudbeauty
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:バリの色々( 13 )

おおっ・・・・!!
ぼんやりと過ごしておるうちに、何と明日から八月ではないですか。

飛ぶように過ぎ去る月日、次にふと気付いたら墓の下だった・・・・なんて事になりそうな勢いです。

先週の金曜日に、BGの歯の治療の為に、またまたお世話になりやした、「アルジュナ・デンタル」さんでございます。

c0244427_12551533.jpg


今回は、ずっと以前に抜歯した歯のお隣の歯が痛いと言い出したので、見て頂きました。

c0244427_12571691.jpg


ビフォー&アフター。
左が抜歯する前の時点での物で、右が今回の写真です。

歯槽膿漏が原因の痛みとの事で、一週間様子をみて、改めて治療するかどうか決めると言われたのですが、今現在も痛みはさほど変わらずあると言っていますので、多分、神経を抜く治療が必要になってくるでしょう。

歳が歳ですから、歯の治療は死ぬ間際まで、あちらこちらとエンドレスで行かなくてはならないでしょうね。

日本で暮らしていた頃に一緒に住んでいた祖母も、死ぬ間際まで歯医者の心配をしていました。
アナタ、もうすぐ死ぬんだし、歯医者の心配もあるめいよ・・・・と、言いそうになりましたが。

神経抜く治療に入ったら、何回通わなきゃなんないのかな?
ああ・・・・、めんどくせえ。

いやいや、元気で長生きしてもらわなきゃ!なんだから、そんな暴言は吐くもんじゃねえよ!ですね。

c0244427_12583333.jpg


こちら、場所は変わって、ウブドのモンキーフォレスト通りの「心臓破りの坂」の丁度中間地点付近にオープン間近の薬局、「ガーディアン」さん。

シンガポーでもあちこちにありますね。

ウブド初出店になりますか。
品揃えが気になるうぶびゅうです。

インドネシアのメジャー薬局、「キミア・ファルマ」さんはウブドにもプリアタンに数年前からオープンしていて、薬の品揃えの豊富さでは信頼のおける薬局ですが、薬以外の商品、例えば化粧品等が充実していないので、ガーディアンさんにはそっち方面の充実を希望します。

c0244427_130587.jpg


今日のジェラート。

先日ご紹介した「トスカ」さんの「パンナコッタ」
普通に美味しい。

普通に美味しい物がバリでは見付けるのが大変なので、うぶびゅうは普通にうれしい・・・・です!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-31 13:27 | バリの色々
先日、BG(うぶび・父)がデンパサールの歯医者さんに行った帰りに、これまたデンパサールにある「Kasih Ibu」という、総合病院に寄り道をして、
「KLC (Kasih Ibu Loyalty Club)」
に入会をしてきました。

c0244427_12174810.jpg


先月発行のバリ・フリークに詳しい案内が掲載されていますので、在住者の方はそちらをご覧頂ければよろしいかと思いますが、
要するにはKITAS保有者で、尚且つ、海外医療保険に入っていない人なら誰でも入る事が出来る、メンバーシップ制度という事で、
メンバーに入っておけば、ローカル料金に近い診察料で、インターナショナル部門で診察を受ける事が出来るというシステム・・・・だそうです。

今後、高齢という事もあって、入会しといた方がいいんじゃね?って事で、BGとマサコ・デラックスの二名、手続きさせて頂きました。

本当はアタシも入らせて頂きたかったんですけれども、あたしはKITASホルダーではないのでダメでした。

c0244427_1221283.jpg


即日発行して頂いた、カードです。

大体からして、海外医療保険に入ってなくて、海外暮らしを続けているっていう事態、年寄りらしからぬ事ではあったんですけれども、これで、少しは気が軽くなりました。

海外暮らしで一番怖いのは、何と言っても病気やケガに見舞われる事ですもんね。

しかも、そいつは予期せぬ時に襲い掛かってくるのが怖い。

そう行った時に、緊急移送等を希望しないのであれば、このメンバーシップ制度の範囲内での治療で十分ではないかと担当の日本人スタッフさんがおっしゃっておられました。

マサコ・デラックスなどは、バリで出来うる治療を施してダメな時は、それはそれで良いと断言しておるので、それでいいのでしょう。

ま、ちょっとした「お守り」代わりにはなるかなあ・・・・
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-30 12:51 | バリの色々

薬局の役割

昨日の午後遅くから晴れてきたウブド地方、今日からはすっきりお天気か?と、期待しましたが、夜もまた雨、明けて今現在も、曇り空でございます。

夏休みスタートで、日本からも大勢の観光客の方々がバリ島にいらっしゃるでしょうが、おいでの際は飛行機内での防寒以外にも、カーデガン等「羽織りモノ」などご準備をお忘れなきように・・・・

さて、こんな涼しき現在のバリ島ではございますが、何分基準は雨季と比べたら・・・・という訳でして、やっぱり南国の島でありまして。

一年中、ハエ・蚊・ヤモリにトッケーなどなどが始終家の中に出入りしておりまして、「ねずみ」も屋根裏、天井裏に生息しているのか、出入りしている模様なんですよね。

で、やっぱりイヤじゃないですか、ねずみなんかにうろちょろされんのは。
病原菌の宝庫だし。

スーパーにも「ねずみホイホイ」の類などが販売されていますので、各種試してみたのですが、そうそうウマく引っかかってくんないんですよね~。

敵もさる者。

で、いつぞや仕立て屋さんで見掛けた、「ラチュン・ティクス」なる物を試してみよう!と、思い立ち、アポティックに買いに行ってみました。

ラチュン=毒、ティクス=ねずみ・・・って事で、まあ、いわゆる「ネコいらず」ってヤツです。

c0244427_11353613.jpg


「ラチュン・ティクス」って言葉が分からなかったので、ねずみを殺す薬ある?って聞いてみたところ、

アンタ、ここは「薬局」だよ、病気や怪我を「治す」薬を売ってる所。
ねずみであろうが、「殺す」薬なんか置いてる訳ないじゃ~~ん!!

ですと!

ええっ?!
んじゃ、一体あのネコいらずは何処で取り扱ってんのさ?

・・・・と、聞きました、アタクシ。

そうしたら、いとも簡単に、
「ラチュン・ティクス」ならパサールで売ってるよ。

と、子供にでも言い聞かすように、教えてくれたのでした。

んでもって、毒薬を取り扱っている、パサールの中のお店って、何処かいな?
と、パサールに行って聞いてみると、な~んと!「荒物屋」の行商チックなおにいちゃんがお持ちになられていたんですよう!

まさか、このおにいちゃん、薬剤師でもあるまいよ。
こんな(失礼ながら)免許も許可も持ってなさそうな人が何気に商いをしてても良いと言う訳なの?

ずさんと言うのか、大らかと言うのか。

薬局にはヒトの体を治す薬しか置いてなくて、こういった「危険物」は取り扱ってないインドネシア。

一つ勉強になった一日でありました・・・・
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-20 12:16 | バリの色々

山下先生の来訪

皆様こんにちは。

何かぐずぐずぐずぐず・・・・・していたお天気がようやく回復し、晴れ間が見えて来ましたウブド地方です。

そう言っている尻から雲が広がって来たじゃないの!
相変わらず涼しい今日この頃。

さてさて、海外暮らしをしていますと、日本ではお会いする事のないような方々にお会いする機会も結構あったりしまして、その中のお一人が、年に一度ウブドにいらした際には必ず尋ねて来て下さる、東大の山下先生。

東大ってアナタ、東京大学ですよ。
東京大学大学院総合文化研究科教授
・・・・という、お名刺をずっと以前に頂戴いたしました。

一体全体、どの様な学問なのか、正直アタシのような人間にはようく分かっていないのですけど、そんな立派なお方が毎年我が家に来て下さいます。

海外に暮らしている日本人、とりわけ定年退職後の、本当に至って普通の人々がどの様に暮らしておるのかといった事などを聞き取り調査していらっしゃると解釈していますが、年々グチっぽくなっていく、我が家のマサコ・デラックスの話なども、辛抱強く聞いて下さるのが何か申し訳なく思うアタクシです。

今日はもう二方、鹿児島大学の法文学部 経済情報科 准教授 H先生と、ウダヤナ大学 文学部 日本語文学学科 B氏という、これまたいかにも難し気な肩書きのお二方を伴っての訪問でした。

c0244427_14475436.jpg


山下先生がいらしてくださる時にはいつも、ご近所のM子さんもお誘いしてお話に花を咲かせるので、今日もご一緒に。

M子さんも、山下先生にお会いするのを楽しみにしていらっしゃいます。
M子さんは何しろご高齢でいらっしゃるので、毎年
「お会いするのは今年が最後になるかもしれません。」
などとおっしゃられますが、今年も元気にお会いする事が出来て本当に良かったです。

来年こそは、我が新居に来て頂きたい。
・・・・もう、何度このセリフを吐いたかしら?とほほほ~・・・・・

c0244427_157232.jpg


山下先生とは何の繋がりもありませんが、インドネシア産のモノで堂々と誇れるお菓子のご紹介。
「モンゴ」のチョコレート。

インドネシアのジョクジャカルタで作られているチョコレートで、しっかりとカカオが効いた、本物の味わいです。

甘い物が苦手な友人N丸女史もお勧めのチョコです♪
[PR]
by ubudbeauty | 2012-07-16 16:11 | バリの色々
皆様、こんにちは。
今日のウブド地方、明け方前より雨模様で、現在も降ったりやんだり、ちょっと晴れ間がさしたりと忙しい空模様でございます。

昨日はうぶびゅう家恒例?のクタ方面買出しツアーの日でございました。
朝はロッテ・マートの辺りで雨が降ってきましたが、その後は晴れて、カサを差さずに済みました。

朝8:30出発で出掛けますので、レギュラーコース?ですと、お昼2時過ぎにはウブドに帰ってきてます。
猛スピード。
何もそんなに慌てて帰ってこなくても・・・・と、思いますが、帰ってきてから「シンドい、シンドい。」って年寄り二人がウルサいので、あちこち寄り道などせず帰宅。

お肉類、お魚など結構ロッテ・マートで調達しましたが、魚の種類は不明・・・・
何かインドネシア語では書いてありましたけど。

これでしばらくは我が家の台所も不安なく過ごせます。


今月の初め頃は両替レート、凄く良かったんですが、ちょっと下降気味かな?な最近でしたが、またここにきて上昇気味。

c0244427_13135267.jpg


今日のバリ・プトラですらこのレート。
日本円は、118.00になってますね。

円高の影響で、¥10,000の両替でRp.1,180,000になります。
うぶびゅうがこちらに来て一番最悪だった時は、¥10,000でRp.710,000にしかなんなかったので、その頃から比べると、「日本円・天国」です。

約Rp.500,000っていったら凄い「儲け」ですよ。
つまんない土産物屋の店番のおばちゃんとかの一ヶ月の給料ぐらいじゃないかな?
すごいでしょ?
一ヶ月の給料ですから。

そんなに高レート、続かなくてもいいですが、「100」キープ位でお願いしますって感じです。
100だったら、計算もしやすいしさ! (笑)


c0244427_13202641.jpg


今日のブランチ。
AセットとBセット間違えて注文。

ガリガリトーストのBセットが来てしまいました~。
美味しいクロワッサンのが良かったのに・・・・
[PR]
by ubudbeauty | 2012-06-27 13:48 | バリの色々

正体は何?

今日も晴れのウブド地方です。
皆様、如何お過ごしでしょうか?

ヴィラ・バリ・プトラには四人の男子スタッフがおりまして、通常は二人体制で日々の業務をこなしている訳なんですが、古株のアグース、クトゥットに加えて、比較的最近入ったスタッフ、プトゥ、マデのうちプトゥというスタッフ、この子が本当に働き者で感心しているうぶびです。

何が感心かって言ったら、お掃除を物凄くキレイにするんですよね~。

普通のバリ人は、「四角い部屋を丸~く掃く」って感じなんですけども、プトゥは隅々まで丁寧に掃除するんですよ。
凄いでしょ?

そして、普通は合成洗剤を「大量に」使って、床のタイルとかを磨くんですけども、何か最近、お風呂場とかキッチンのシンクとか、ものすごく磨き上げてて、磨き過ぎて「穴」あくんぢゃね?って位なんですよ。

・・・で、それはとっても喜ばしい事なんですけど、そのお風呂場とかキッチンとかが、「匂う」んです。
何の匂いかって言うと、うぶびには「お酢」のニオイに思えるんです。

お酢で、磨いてんのか?
え?お酢ぅ??

日本では重曹やクエン酸を使った「エコ掃除」がもてはやされていますけど、お酢は使うのか?
いや、あのニオイだよ、使わないよな~・・・・

と、思ううぶびです。

お掃除してる彼らに確かめればいいんですけど、一体何を使って磨き上げておるのか、今もって不明です。
ニオイは「お酢」そのものなんですけど。

なので、くさい。

キレイにしてくれるのはうれしいんだけどな~。

バリでは一般家庭でお酢掃除、やってんですかね?

c0244427_12343690.jpg


友人・A子ちゃんが日本帰国時に置いていってくてた、お掃除の本「ナチュラル・ハウス・キーピング」

これには勿論、「お酢」は一切登場しません・・・・
[PR]
by ubudbeauty | 2012-06-15 13:04 | バリの色々

夏休みシーズン到来

数少ない友人の一人、nami2ちゃんが明日から日本へ一時帰国します。

いわゆる里帰りです。

6月に入って、子供さんが学校の休暇に入るのを待って、多くの日本人の方々はこの時期にお里帰りをされます。
インドネシアでは、7月が新学期スタートだそうで、その前の月、6月が長期休暇になるのですが、丁度日本の夏休みのような感覚なのでしょうね。

そういう訳で、この時期バリ島はジャワ島(主にジャカルタ周辺)からの大型バスによる、観光客がとても多くなります。
クタ・ビーチなどは、夕方のサンセットを鑑賞する為に、そりゃもう、うじゃうじゃと人が集まってきて大変な混雑です。

ウブドもモンキーフォレスト(文字通り、猿がうじゃうじゃといる公園)やベベ・ブンギル(ウブドで一番有名なレストラン)など、多くのお地元観光客でにぎわっているようです。

日本の夏休みが始まる頃には、こちらの学校は新学期が始まるので、観光客もダブらず、バリ島観光業界にとってはありがたい事なのではないでしょうか?

ま、うぶびゅうにはあまり縁のないおハナシのように思いますが、観光立国?バリ島(バリは国ではないですが)に住まわせて頂いている以上は全く無関係とは言い切れない・・・・と、思いますので、今日はちょこっとだけ触れておいてみました。



風邪を引いたと大宣伝したお陰で、皆様の同情をまんまと引き、「アタシってば、一人じゃないのね・・・」感に浸っておりました。
人間、弱っている時はロクな事企まないですね。

心配して下さった皆様、本当にありがとう m(_ _)m

c0244427_1145254.jpg


ヴィックスの、ハナから吸い込んで「スースー」とさせるヤツです。

こんな「下品」極まりないモノ、ありえないわ~!って、思っていたら、日本にも類似品があるのを知って、ビックリしました。
小林製薬の商品らしいですけど。

バリ人のオッサンはこれをハナに「突っ込んで!!」普通に道を歩いたりしています!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-06-11 12:16 | バリの色々

生き物を飼う「責任」

バリには、日本でのNPOに当たる、YAYASAN(ヤヤサン)という団体が数多くあり、活動されています。

c0244427_12164196.jpg


こちらの「BAWA」というヤヤサンもその中のひとつです。

主に野犬や捨てられてキズついた犬などを保護して治療をしたり、狂犬病の予防接種を施したり、避妊手術なども施し、更に里親を探して引き渡す・・・という、尊い活動をされています。

こしてこれらはほとんどが寄付とボランティアに基づいて行われているそうです。

ボランティア活動が古くから根付いている欧米では、何の疑問もなく、「今」困っている誰かや何かを助ける活動は全て「良し」という感覚なのでしょう。

だけど、本当にそれでいいのでしょうか?

うぶびゅうは、「何故」そのような事になったのかに重きをおくべきではないかと考えます。

主に野犬や捨てられた犬・・・と、書きましたが、そこにこそ問題の根本があると思うのです。

野犬と書きましたが、実際は、バリでよく見掛ける犬のほとんどは、「野良犬に見えるけど飼い犬」だそうです。
つまり、飼い主が存在するのです。

飼い主がいるにもかかわらず、「野放し」で飼われている為に、どんどんと「繁殖」し、数が増えていっているのです。

そこにメスを入れない限り、保護する施設があっても、意味を成さないと思うのは、うぶびゅうだけでしょうか?

飼い主のモラルや意識を変えていかない限り、保護団体の「善行」は無駄な努力にしかならなくなります。

20数年前、BGやマサコ・デラックスがシンガポールを旅行で訪れた時には、チャイナタウンはもちろんの事、オーチャード辺りでもバリと同じように道端で犬が昼寝をしていたそうです。

しかし、現在では一匹の犬も見かける事はありません。
政府の強い方針と態度によって、飼い方の徹底が指導されてのではないかと、推測されます。

バリでは、狂犬病も蔓延しているという現実を重く受け止め、目先の「かわいそう」とか、飼われている犬には手を出し辛い・・・などと、甘い事を言って先延ばしにするのではなく、「今」、徹底した態度で臨んで、バリ人の意識改革をするべきです。

「BAWA」さんなどには、ぜひともそちら方面でのアクションも起こして頂きたいですね。
(バリ州政府などは、正直アテにならないので・・・!)

c0244427_12183016.jpg


庭先の水盤のスイレンの花
[PR]
by ubudbeauty | 2012-05-02 12:59 | バリの色々
ゆうべもめちゃくちゃ寝苦しい暑い夜でした。

絶対、雨降ってくるんちゃうん?
ってくらい暑かったのに、結局雨は降ってきませんでしたけど。

タオルケットも掛けずに寝ていたら、肩とかなんか寒い気がして、肩の辺りだけ大きめのバスタオルを掛けて寝てました。

そしたら、今度は出ている足が、めっちゃダルい感じがしてきて・・・

あ~、もう、どないやねん!

寒くなってきたと思ってタオルケットを掛けてしばらくしたら、暑っ!
ミョ~な汗なんか出てきたりして。

こういう症状をバリ人は「パナス・ダラム」
と、言います。

風邪ではないけど体調不良の時、しんどそうな顔をしているバリ人に、どないしたん?って聞いたら、たいていが、「パナス・ダラム」って返事が返ってきます。

そんな時にバリ人がよく飲んでるドリンク。

c0244427_11591716.jpg


「ラルタン・プニェガール」

パナスダラムの他に、口内炎やのどの渇き、心身のリフレッシュにも良いと書いてあります。

缶入りのは色んな味付きで飲みやすくなってますが、ボトルのは単なる「水」?って感じです。
ちょっと重たい感じではありますが、まあ、水です。

こんなモンで、ホンマ効くんかい?って思ってましたが、風邪じゃない、ちょっと体調不良気味かな?って時とか、食欲不振の時に飲むと、気休めにはなりますし、実際、いつの間にやら回復しています。

「JAMU」の表示が付いているので、漢方薬とまでは行かない迄も、気軽な民間療法ぐらいにはなってるのでしょうね。

しかし、日本ではあんまり口内炎って、子供ならともかく、そんなにクローズアップなんかされないですよね。
インドネシアではテレビのコマーシャルとかで、よく、口内炎にも効きま~す、みたいなのをやってますけど、そんなに口内炎、しょっちゅうなるのかな?

もっとビタミン摂れよ、インドネシア人!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-04-28 12:38 | バリの色々

アルジュナ・デンタル

昨日は、昨日の記事で書いた通り、午後からアルジュナ・デンタルさんへ奥歯の治療に行ってきました。

c0244427_12425172.jpg


年季の入った診察券ですが、これでも二代目の物です。

一年半もほったらかしにしていたせいで、奥歯の根っこが折れちゃってて、先週はその折れた部分を抜歯したんですが、その傷がちゃんとふさがってなくて、前日ぐらいまでちょっと痛くて、昨日の治療に差し支えるかな~?と、心配しましたが、先生が上手に仮歯を入れてくれて、今日はもう、痛みもありません。よかった♪

アルジュナ・デンタルがまだトゥバンにある頃からのお付き合いなので、本当に長いお付き合いになります。
オーナーの椿井先生が大阪の方で、偶然にもうぶびゅうの叔母が先生のお母さんに診てもらっていた事もあったりして、縁を感じています。

椿井先生のお人柄も良く、(うぶびゅうは、いかにも「先生、先生」した先生が苦手)大阪生まれ同士、「ノリツッコミ」でいけるところも怖がりのうぶびゅうにはありがたい存在です。
(あ、でも、普段は椿井先生は日本にいらっしゃるので、いつでもお会い出来るという訳ではありません。)

気になる治療費も、日本での三割負担とほぼ同じくらいの支払いなので、自然治癒が出来ない歯の事、納得して通える範囲かと思います。
場合によっては、日本での治療よりうんと「お得」価格で出来る治療もあるみたいなので、皆さんもビビらずに、かかってみて下さい。(笑)

c0244427_12475782.jpg


アルジュナ・デンタルのスタッフさん達です。
バリ人の先生(左から三人目)、この先生、本当にやさしくてその上、上品!なんですよ~!
通訳のりかさんもいつもスタンバって下さってますので、バリで歯医者なんて怖くて~・・・と躊躇している方はぜひぜひ、ご相談なさってみて下さい。

ほっといても歯は治りませんよ~!
[PR]
by ubudbeauty | 2012-03-28 13:56 | バリの色々